バーチャルオフィスはどうやって選ぶ?

【バーチャルオフィスはどこを見たらいいの?】


・何はともあれ一回見学してみよう

バーチャルオフィスは登記と郵便物受け取りの場所なんだからわざわざ見に行く必要はないんじゃない?と考えているそこのあなた。よく考えてみてください。いざ事業を始めたら通勤で通うという事は無いでしょうが、商談はバーチャルオフィスの会議室などで行う可能性が高いです。そうなった時にそもそも会議室がなかったら?住所こそ都内だけど、暗くビジネス感の皆無な立地に建っていたら?アパートやマンションの一室を借りてバーチャルオフィスと名乗っている業者もある訳で、長期的にそのオフィスを利用すると考えた場合、一度は実際に下見をした方が良いのではないか?という考えに至ると思います。


・当たり前だが住所も重視

→あなたが事業を始めたら名刺には当然ですがバーチャルオフィスの住所が記載されます。これが都内のブランド力のあるものか、あまり名の知られていない場所かで名刺を渡す相手の印象がガラリと変わってきます。仕事を受注しやすいのも当然前者になりますし、全国を商圏としてみれるので様々なことが有利に運びやすいとも言えます。


・オプションも見てみましょう

→自分が事業を始めたら、具体的にどういったオプションを使うか想像を膨らませておき、その内容が充実しているオフィスを選ぶと非常に良いでしょう。どういった備品が使えるのかが分かれば、逆にどういったものを自己調達をするべきかがはっきりします。事前の準備をスムーズにする為にも各オフィスには何がオプションとして存在しているのか押さえましょう。


【こんな審査体制のバーチャルオフィスには要注意!】


・価格だけで決めない


→これは絶対に守りましょう。最近は多くの業者がバーチャルオフィスに参入してきており、価格やサービスも多種多様になってきました。固定費用を考えると安いに越したことはないというのはごもっともです。しかし事業を今後やっていく上で重要な住所に関しては価格につられて妥協はしない方が良いと思います。値段が相場に対して安いところはそれ相応の理由があることが多いです。例えば犯罪に昔使用されたから安くしないと利用する人がいない、もしくは多くの法人が利用している為相対的な価値が下がってしまっているなど。自分のニーズや状況にフィットした住所選びをしっかりとしましょう。


・こういった審査体制は気を付けよう


→ネット上で必要な書類などが出せてしまう、契約までのハードルが非常に低く設定してある(※条件が少ない)、運営会社の人と面会する必要がないなど。ぜひこういった所は慎重に検討してみてください。