バーチャルオフィスのメリット4選

この記事ではバーチャルオフィスを使うメリットについて4つのポイントに分けて紹介しています!


①初期費用を圧倒的に抑えることが出来る

→物理的なオフィスを借りる必要のないバーチャルオフィスには敷金・礼金といった概念がありません。従って保証金や前家賃も用意する必要がなく、非常にローコストであなたのビジネスをスタートすることが出来ます。また、必要に応じてオプションを申請すれば良いので、いつ使うのか分からないサービスに対し最初にお金を支払う、といった事もありません。


②自宅の住所で登記するのを避けることが出来る

→会社を設立する際は、登記簿に本店や支店の住所を記載する必要があります。それがもし自宅住所だった場合、プライバシーの問題が発生してきてしまいます。登記住所は開示請求をしたりインターネットで検索すれば知ることが出来てしまうからです。特に女性の場合は男性よりリスクが高まることは想像に難くないと思います。第三者に個人情報が漏洩することを防ぐという意味で、バーチャルオフィスの住所で登記することは必要だと言えるでしょう。


③起業時に必要な自社のブランディング、信頼度の向上を行うことが出来る

→よほど特別な状況ではない限り、資金に余裕がある状態で起業する、というのはなかなか難しいですよね。知名度の高い住所が欲しいと思っても、賃貸オフィスでは初期費用が莫大にかかってしまい現実的ではありません。そこで都内一等地の住所を借りることが出来るバーチャルオフィスと契約すればその問題も解決します。名刺にブランド力のある住所が記載出来ますので住所で印象が悪くなることがありません。


④緊急事態に柔軟に対応し易い

→バーチャルオフィスはそもそも物理的なオフィスを提供するサービスではないので、通勤がありません。従って公共交通機関のトラブルにも巻き込まれないですし、自宅で仕事をしている分には自然災害の被害に遭う可能性も低くなります。不測の事態が起こりにくい環境を整備することが出来るので、自分の事業が上記のような理由でストップしてしまうことがありません。こういった所も明確な強みになってくるのではないかなと思います。